耳を塞ぐ人

自宅で楽器を楽しむなら

作業者

防音室は、室内の床に置くだけで利用できる組み立て式の小さな防音スペースです。自宅で楽器演奏や音楽鑑賞を存分に楽しみたい時に便利です。1日程度の工期で設置することができ、マンションやアパートなどでの利用も可能です。

高い防音性が必要な場合

防音

ドラムの練習を自宅でする場合には、かなりの防音工事を行わなければ隣近所からクレームがきます。4畳半程度でも300万円から500万円程度の費用がかかりますので、どの程度の防音効果が期待できるか十分に業者と話しておくことが大切です。

音を抑える工夫

男性

生活する住宅の環境下では、様々な音が響きます。一戸建て住宅では気にならない音も、階を設けるマンションなどでは生活音からトラブルも招きます。防音効果を発揮するアイテムやリフォームでストレスになる音を抑えられ、トラブルも回避できます。

物音を気にせずに済む生活

男の人

設置または埋め込み

周辺から聞こえてくる物音で、集中できないことに悩んでいる人は、多くいます。また、周辺の人に迷惑をかけることを気にして、極力物音を立てないように、静かに暮らしているという人も多くいるのです。いずれもストレスにつながるので、昨今では音を気にせずに過ごすために、防音工事をおこなう人が増えてきています。音は、壁や床や天井を伝わっていくので、防音工事はこれらに音を伝えにくい素材で作られたパネルを取り付けるという方法でおこなわれています。パネルは、壁や床や天井の表面に設置することもできますが、これらの内部に埋め込むことも可能となっています。前者は手軽さから人気がありますし、後者はやや大がかりな防音工事となりますが、その分効果が高いことから注目されています。

パネルの素材

防音工事には、主に音を吸収する素材で作られたパネルが使われます。具体的には、繊維にしたガラスを圧縮することで作ったパネルや、細かな泡にした上で固めたウレタンのパネルです。これらのパネルで囲まれた空間には、周辺で鳴り響いている音が多くは伝わってきません。逆に、その空間内で鳴った音は、吸収されることで周辺に響きにくくなるのです。さらに防音工事では、音を跳ね返す性質のある鉛や石膏で作られたパネルもよく使われています。跳ね返すのですから、これらで囲まれた空間には、周辺の音は入ってきません。逆に空間内で発生した音は、跳ね返ることで数倍にも増幅します。そのためこのタイプのパネルは、楽器演奏などの音響効果を高めるためにも利用されています。