高い防音性が必要な場合|快適な生活を送る為に必要な防音工事|集中力がUPする部屋作り
作業者
  1. ホーム
  2. 高い防音性が必要な場合

高い防音性が必要な場合

防音

部屋の中に部屋

ドラムやピアノのような楽器を自宅で弾く人は少なくありません。しかし、その場合には必ず防音工事を行わなければ隣近所からクレームがきます。特に、ドラムをたたく場合には音を小さくする工夫はできませんし、ドラムを軽く叩いても練習になりません。本当の練習を行いたいのであれば、十分な防音工事を施さなければなりません。また、ピアノのように音が空気を伝わるだけであれば、壁を厚くするなどの防音工事でいいのですが、ドラムの場合には、たたいた振動が床に伝わり、固体を通って全体に拡散していきますので、室内全体を包むように防音工事を行う必要があります。壁や床など室内全体を多重化し、あたかも部屋の中にもう一つの部屋があるようにしなければなりません。

期待できる防音効果

ドラムの練習もできるような防音室をつくろうと思うと、木造住宅では困難です。やはり、十分な防音性能を求めるのであれば、鉄筋コンクリート造りであることが必要です。木造住宅であれば、地下室をつくって防音室にする方法も考えられます。いずれにしても、室内全体に厚くて密度の高い防音材を敷きつめることが必要ですので、4畳半程度の部屋であっても300万円から500万円程度の費用が必要になります。これだけの費用をかけても隣近所からクレームが来るほどの防音効果しかないのであれば意味がありませんので、防音工事を行う場合には、施工業者と十分にコミュニケーションをとって工事後のイメージを話し合っておくことが重要になります。