自宅で楽器を楽しむなら|快適な生活を送る為に必要な防音工事|集中力がUPする部屋作り
作業者
  1. ホーム
  2. 自宅で楽器を楽しむなら

自宅で楽器を楽しむなら

作業者

わずかな工事費で防音仕様

音楽鑑賞や楽器演奏が趣味、という人は少なくありませんが、その趣味を自宅で楽しもうとする時は、気をつけなければならないことがあります。それは、防音対策です。標準的な日本の住宅事情下においては、自宅で楽器を演奏したりするとどうしても近隣に騒音被害を与えてしまいます。これを防ぐには、住戸内を防音仕様にするための工事が必要となります。その際、部屋全体に防音工事を行うよりも低コストで防音対策が実現できるとして人気なのが、防音室です。防音室は、室内に設置することのできるユニットタイプの小部屋です。ドラムやギターなどを演奏するためのスペースとしてはもちろん、オーディオルームとして、あるいはミニ書斎としても利用可能です。

賃貸住宅でも利用可

防音室は、遮音機能を持つ板材で壁・床・天井を囲って組み立てる小スペースです。サイズにはバリエーションがあり、畳1枚程度の小さなものからピアノを1台そっくり収納できるものまであります。防音室はプレハブ式のため、工期が非常に短いという特徴があります。大きなサイズのものでも1日で十分です。通常の防音工事なら窓を二重窓にしたり、壁を遮音性のある材質のものに張り替えたりと、大がかりな工事が必要になります。当然、その分だけ費用もかさみます。しかし防音室ならば床の上に置くだけなので、工事費も非常に安く済みます。また、住戸に釘を打ったりすることがないため、持ち家ばかりでなく賃貸住宅にも設置することが可能です。