音を抑える工夫|快適な生活を送る為に必要な防音工事|集中力がUPする部屋作り
作業者
  1. ホーム
  2. 音を抑える工夫

音を抑える工夫

男性

近隣トラブルに繋げない

騒音に悩まされたくない環境として、ひとつ屋根の下で壁一枚を隔てて暮らすマンションなどの住宅では、音に対する関心は特に高い傾向です。上階や隣住戸の話し声が筒抜けで、何をしているのか手にとるように分かることにもなりかねません。防音に強いマンションなどの住宅を選ぶ必要がありますが、手軽さでは床工法による遮音性が挙げられます。音の伝播の仕方は二種類あって、1つは上の階で子供が飛び跳ねたり、椅子を引きずるなどの音です。もう1つは幼児の泣き声など、空気中を伝わってくる音です。空気中の場合が厄介で、遮音では窓ガラスや壁がポイントになります。分厚い一枚壁や窓ガラスよりも、薄くて二枚の方が防音性能は高くなります。こうした目的で窓ガラスや壁のリフォームを行うケースは増加しています。

リフォームで遮音効果

壁や床を媒体にして伝わってくる固体伝播音は、軽量床衝撃音と重量床衝撃音に区別されています。スプーンを落とす時の軽量、飛び跳ねるなどの重量が住宅の中での環境下では頻繁に鳴り響きます。軽量音は比較的、カーペットを敷くなどの床の表面材を替えるだけで防音効果が期待できます。特にコルクなどの材質が人気で、薄手より厚手タイプが適しています。これに対し、重量音は床の仕上げよりもコンクリートの厚さや重さ、住宅の工法が防音の決め手になり、リフォームが人気です。スラブ厚も近年の住宅では、200ミリが標準です。床の工法で最も遮音効果が高いと人気なのは、浮床工法です。コンクリートスラブ上に、緩衝材を入れて挟み、床の表面を仕上げるため、フローリングを張っても防音効果は変わらずキープできます。